脂肪吸引と他の痩身治療、ダイエットとの違いは? 脂肪吸引のメリット、デメリットとは

ボディラインを整えたい人や、皮下脂肪のたるみを解消したいと思っている方で、脂肪吸引を検討する人も多いです。また、痩せたり、ボディラインを整える方法として、脂肪吸引以外の他の痩身治療もあります。ここでは、脂肪吸引を他の痩身治療と比較した上でのメリット、デメリットについて解説しています。

■知っておこう、脂肪吸引のメリット

脂肪吸引のメリットのひとつに、リバウンドがない事です。運動、食事療法などのダイエットによって急激に体重を減らした後は、リバウンドに繋がりやすくなっています。また、無理なダイエットは脂肪だけでなく必要な筋肉も減らしてしまう危険性があります。一方で、脂肪吸引は脂肪細胞を直接吸引するので、リバウンドの心配はほとんどありません。

次に、確実な効果がある事です。エステの施術やマッサージなど、リンパの流れに沿って老廃物を除去してむくみを取る痩身施術は、老廃物の除去には効果的ですが、痩身の効果があまり得られない事があります。一方で、脂肪吸引は物理的に脂肪細胞を吸引する施術ですので、目に見える効果を得る事ができます。

最後に、痩身効果の得たいボディライン限定で施術を受けることができる点です。普通のダイエットでは、「お尻を小さくしたい」「二の腕だけを細くしたい」などの、細くしたい箇所だけを限定して痩せたり、細くすることができません。一方で、脂肪吸引なら直接痩身効果が得たい箇所の脂肪細胞を吸引しますので、痩せたい受けたい所にだけアプローチできます。つまり、より理想的な自分のボディラインを作る事ができるのです。

■脂肪吸引のデメリットを見ておこう

次に、脂肪吸引のデメリットを見てみましょう。

脂肪吸引のデメリットは、術後ダウンタイムが生じる事です。脂肪吸引を行った後の体には、強い腫れや内出血、むくみが生じます。もちろん、これは一時的な事ですので術後の1か月後からだんだんと落ち着き始め、およそ3か月後には最終的な仕上がりを迎えられます。そのため、脂肪吸引の後に圧迫を行い、むくみや腫れの軽減を図ります。

もうひとつのデメリットが、やりすぎると逆効果という事です。理想のボディラインを手に入れるために、脂肪吸引はやればやるほど効果が得られる、と考える人も少なくありませんが、脂肪吸引はやりすぎると必要な分の脂肪も取り過ぎてしまう事になり、見た目に凹凸やしわが出て、見た目が年齢よりも老けてしまう事に繋がります。このデメリットを避けるためには、技術と経験があり、信頼できる美容外科の医師を選んで施術を受ける必要があります。

最後に、脂肪吸引の施術料金は比較的高額になりやすいことです。脂肪吸引は保険適用の施術ではなく、自由診療扱いとなっていますので、総じて施術料金が高額になる傾向にあります。脂肪吸引の施術の前にかかる料金をきちんと確認し、納得した上で施術を受けるようにしましょう。

■メリット、デメリットを理解した上で施術を受けよう

脂肪吸引には、色々なメリットとデメリットがある事が分かりました。事前に信頼できる、カウンセリングでの説明や料金も納得できるものを提供してくれる美容外科を見つけることが大切です。

美容外科には、施術を受ける前にカウンセリングを実施しています。脂肪吸引に関する事で、疑問や不安がある場合には、カウンセリング時に解消してから施術を受けるようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。